お弁当の歴史 | 大人数で楽しいランチを演出するお弁当の選び方

大人数で楽しいランチを演出するお弁当の選び方

豪華な弁当

お弁当の歴史

お弁当は日本独特の文化です。
もちろん、欧米諸国などでもランチボックスと言って、学校に行く子どもが持っていくお昼ご飯があります。
しかし、日本のお弁当のようなカタチでは無く、簡単なサンドイッチとリンゴやバナナなどのフルーツを入れたような内容です。
欧米諸国では、家から食事を持っていくというよりも、外食やカフェテリアと呼ばれる学校や会社に併設された食堂で食事を取るのが一般的です。
日本のお弁当は、傷みにくい食材を使い、また色合いにも気を使って作られています。
今ではアメリカなどでは日本のお弁当の華やかさやヘルシーさが評価され、日本の仕出し弁当屋さんのようなお店のスタイルが出店して人気を呼んでいます。

お弁当は古くは安土桃山時代から食べられていたと言います。
この時代は、お花見やお茶会といった場で用いていたと言い、今の日本が仕出し弁当を桜の下で広げているように、昔の人も四季の移ろいを楽しみながら食事を取る楽しみを知っていたのでしょう。
江戸時代には、旅行や観光の際には簡単な「腰弁当」と呼ばれるものを携帯して出かけたと言います。
そして仕出し弁当の中でも人気のある「幕の内弁当」もこの時代に生まれました。
脳や歌舞伎を鑑賞する際、演技と演技の間の幕間に食べていた弁当を「幕の内弁当」と呼ぶようになったと言われます。
今でも仕出し弁当は、行楽やイベントの楽しみの一つとして人気があります。
日本人は昔から、旅行や楽しみの中に仕出し弁当文化を組み込んで生きてきたと言っても過言ではありません。

Copyright© 2015 大人数で楽しいランチを演出するお弁当の選び方 All Rights Reserved.